飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 中井公安委員長の発言はどこかおかしい

<<   作成日時 : 2010/01/25 00:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんな発言があったとは知らなかった。
「一方的なリーク記事、冤罪の被害出る」中井公安委員長
2010年1月23日0時53分 朝日
 中井洽国家公安委員長は22日の閣議後の会見で、1990年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された事件の再審公判が開かれていることについて「今の自供中心の捜査、捜査当局から一方的にリークされる記事しか書かないマスコミ。そういう中では、冤罪の被害はこれからも出る」と発言した。

 報道陣から「リークしか書かないマスコミとはどういう意味か」と問われると、「捜査当局のリーク情報しか書かないマスコミと言った。ずっとそうじゃないか。一度被疑者になると、徹底的に被疑者になるじゃないか」と語気を強め、「10年、15年たってから名誉回復しても大変つらい。そういうことが起きないようにお互い気を付けてほしいと申し上げた」と付け加えた。
 この発言自体は正しいと思うし、リークが証明されていない今、このように言うことは勇気がいることである。発言は支持したいのだが、立場を考えるとおかしいのである。

 冤罪の被害を言うのであれば、リークであるという必要はない。警察は記者発表もするからその情報だけを書くことにより、冤罪を作ることになる可能性がある。従ってこう言えばいいことだ。
「今の自供中心の捜査、捜査当局から発表される内容の記事しか書かないマスコミ。そういう中では、冤罪の被害はこれからも出る」
 これで意味は十分通る。

 公安委員長は警察を所管しているのだから、捜査当局の一つを所管している。他にも捜査当局はあるから、そちらに対しては、「捜査当局のリーク」といえば喧嘩を売ることになる。その様な意識があるのだろうか?そして喧嘩を売られた方はどうしているのだろうか?
 そして警察組織の対応はどうするのだろう。警察からのリークがあると言うのであれば、リークの捜査をする義務がある。それは指示したのだろうか?

 この発言が野党議員、与党でも内閣に入っていなければまだ良いだろう。しかし所管の大臣が言えば、変な発言になる。寂しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中井公安委員長の発言はどこかおかしい 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる