飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS がんばれ総務相:「関係者」問題

<<   作成日時 : 2010/01/19 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 やっと総務相が発言した。
陸山会の土地購入を巡る事件について、原口一博総務相は19日の閣議後会見で、メディアの報道表現について「(一般論として)『関係者(によると)』という報道は、検察、被疑者どちらの関係者か分からない」と指摘。「少なくともそこを明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」との見解を示した。
原口総務相は「(事実かどうか)争いのあるところでは、その発信源について、被疑者が逮捕されて検察側と弁護側の二つしかあり得ない場合は、どちらかを明らかにする姿勢は大事だ」と述べた。
毎日
 がんばれ原口大臣と言っておきたい。

 毎日新聞は自身で反論せず教授を引っ張り出した。
放送ジャーナリズムに詳しい松田浩・元立命館大教授は「情報源を秘匿するか、明らかにするかは本来、ジャーナリズムが主体的に判断してその責任を負うものだ。公権力の行使を監視する役割が期待されている放送局に対して、監督権限のある総務相は、取材方法や報道内容についての発言はより慎重でなければならない」と話し、原口総務相の発言を批判した。
 この表現を借りて再批判をしておこう。
公権力の行使を監視する役割が期待されている放送局が、権限のある検察側から情報を貰うことについてはより慎重でなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
がんばれ総務相:「関係者」問題 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる