飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 世論は「子どもいらぬ」といったか

<<   作成日時 : 2009/12/07 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 毎日新聞の一面に大きく、「子どもいらぬ」42.8%と出ている。これに対応したネットの記事は内閣府調査:「子供必要ない」42% 20〜30代6割にだ。「必要ない」と「いらぬ」は少し違うではないか。
 記事には
「結婚しても必ずしも子供を持つ必要はない」と考える人は、前回調査時(07年)より6.0ポイント増の42.8%
 だからネットの記事の題字が近いものだ。

 ところでこの記事は「内閣府は5日付で「男女共同参画社会に関する世論調査」の結果を発表した。」で始まるもので、男女の権利などの調査であって、少子化の調査ではない。何故この項目を着目するのであろうか?それが不思議でならない。

 ちなみに朝日は「結婚しなくてもいい」増え7割に 内閣府調査
 また読売は「結婚後も子供不要」4割超…内閣府調査
 さらに東京新聞は『子ども必要ない』42% 子育て環境 不安反映
 朝日を除いて子どもの必要性を強調している。

 面白いのは東京新聞の社説だ。男女共同参画 推進に本腰を入れよこちらは主題どおりの評論をしている。
 何ゆえに趣旨と違う子どもの必要性を論じるのか?
 東京新聞は
子どもを育てる環境に恵まれない人が依然多く、若い世代の意識変化も進む「少子化の時代」を反映した結果といえそうだ。
 とし、毎日新聞は
国は未婚者の約9割が結婚を希望し、2人以上の子を欲しいと思っているとの想定で、育児と仕事の両立などをすすめれば合計特殊出生率(08年は1.37)が1.75まで回復すると推計する。だが今の傾向が続けば前提が崩れる。将来の人口推計やそれに基づく年金の給付水準なども見直しを迫られるだろう。
 とまとめるが、この調査からこの結論を出すのはどうかと思う。

 今回の調査票は見つからなかったが、前回のものは見つかった。これだ。該当部分を引用する。
3.家庭生活等に関する意識について
Q6〔回答票7〕 結婚,家庭等について,あなたの御意見をお伺いします。(1)から(4)までについて,この中から1つお答えください。

(1)結婚は個人の自由であるから,結婚してもしなくてもどちらでもよい (42.8) (ア) 賛成
(22.3) (イ) どちらかといえば賛成
(18.0) (ウ) どちらかといえば反対
(14.8) (エ) 反対
(2.1) わからない

(2)夫は外で働き,妻は家庭を守るべきである (13.8) (ア) 賛成
(31.0) (イ) どちらかといえば賛成
(28.7) (ウ) どちらかといえば反対
(23.4) (エ) 反対
(3.2) わからない

(3)結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はない (18.0) (ア) 賛成
(18.9) (イ) どちらかといえば賛成
(31.5) (ウ) どちらかといえば反対
(27.9) (エ) 反対
(3.8) わからない

(4)結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよい (19.3) (ア) 賛成
(27.2) (イ) どちらかといえば賛成
(29.4) (ウ) どちらかといえば反対
(18.1) (エ) 反対
(6.0) わからない
 「結婚は個人の自由であるから,結婚してもしなくてもどちらでもよい」と聞かれれば、自由が当然だから賛成と答えるだろう。
「夫は外で働き,妻は家庭を守るべきである 」と聞かれれば反対と答えるだろう。
これらは女性の自立に賛成かどうかを聞いているのだろうか。その続きで子どもを自立を妨げるものと位置づけているかのごとき質問だと思う。

 世論調査をすれば「国は未婚者の約9割が結婚を希望し、2人以上の子を欲しいと思っているとの想定」(毎日の記事)の結果が得られる。質問の仕方で世論調査の答えは変わるのであって、余計な解説をつけて結論に色付けする事は世論調査の報道ではなく、世論操作だろうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世論は「子どもいらぬ」といったか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる