飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢方薬を保険適用外とするのか

<<   作成日時 : 2009/12/01 03:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 テレビや新聞でも大きく報道されている漢方薬のツムラの反対声明。漢方薬を保険適用外とするのだろうか?

 これは仕分け作業で論議、方向付けされたとされている。しかしそれはデマだときっこのブログに書いてある。きっこは文中で仕分け作業を聞いて書いたといっているから確かなのだろう。そして私もそれを聞いて確認した。
 確認の方法はニコニコ動画で見る事だ。ニコニコ動画のリンクはここだ。動画といっても音声だけなので、誰が言ったのかは分からない。

 さて、いくつかのブログで、きっこの言うとおりデマだとするところと、きっこはでたらめだとする訳のわからないものと分かれる。あるいは、janjanにも類似の記事が出ています。

 こういった記事では、上記の録音などを聞いたとしているものを見かけない事です。(一つだけコメント欄で見ましたが)自分で確かめないと確信できないものだと言う事は近頃のメディアの様子を見ていれば確信できるのに、まだ皆そうはしないのだろうか。仕分け作業はインターネットなどで公開された稀有な例なのに、それを活用しない手はないのに、余り活用されていない事がすこぶる残念だ。

 さて、仕分け作業では漢方薬の単語は殆ど出てこない。テーマは4つあって、いわゆるジェネリック薬品の普及、医療器具の内外格差の是正、あと一つ、そして市販薬類似薬の保険適用外だ。
 これは財務省が仕掛けたテーマで、枝野議員は財務省の趣旨の沿って議論する必要はないとして始まり、最初のテーマで殆どの議論が終わってしまった。市販品類似薬のついては保険適用外とすれば負担が増えるので慎重にとの意見もあった。

 まとめた書類がここにある。市販品類似薬は保険外 11名となっているが、その意見は「市販品類似薬は保険対象外とすべき。単価比較をすれば、市販品の方が安くなるデータもある。材料の内外価格差も同様。」となっている。医療負担を増やす議論ではない。
 そしてまとめはテレビでも見たこんな内容だ。「市販品類似薬を保険外とする方向性については当WGの結論とす
るが、どの範囲を保険適用外にするかについては、今後も十分な議論が必要である。」

 メディアリテラシーが重要である事を痛感する件だ。メディアが一体となってデマを流すこと。いくつかの良心的と思えるブログがソースを確認せずデマを否定する情けなさ。

 そして、これほど悪質な、そしてすぐにばれる事を行うのは誰なのか。
 大変な事が起こっていると予感する事件だと思う。しかし事件が事件だから、真実はテレビには流れないもっと恐ろしい事件でもある。

追記 誹謗中傷コメントがあったので削除すると共にこのページのみコメント承認制にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漢方薬の事業仕分けに関する虚偽報道
tetoさんから次のようなコメントをいただいた。 漢方薬に関するデマ ...続きを見る
カナダde日本語
2009/12/01 16:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢方薬を保険適用外とするのか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる