飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 一億総ワーキングプアを目指すのかい?

<<   作成日時 : 2009/07/28 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 報道ステーションの公務員ワーキングプア急増はなかなかいい企画、取材だったと思う。

 公務員ワーキングプアは子供のときから目撃している。それは産休補助教員だ。多くの人が教えてもらっていた女の先生が産休を取るのにぶつかったと思う。臨時に雇う補助教員は昔から安い給料だった。
 そして、補助教員の経験をまったく考慮せず、新卒ばかり採用してきた、無慈悲な事をしてきたのだ。

 今日の番組では保育所の職員とハローワークの職員を取材していた。他に私が知っているのは社会保険庁だ。民営化するにあたって、非正規が非常に多い事が数字として公表されていた。

 番組では公務員においては任用となるので首にするのは自由だと言っていた。同じ仕事をしていても極端に安い給料もあるそうで、まったく許しがたい制度なのだと思う。

 VTRのあとで、コメントでいわく。ワーキングプアは問題だが、財政問題を抱える地方自治体が給与を上げていいのか?正規の職員の方で考えるべきだ。と抜かし遊ばす。これって非正規職員をそのままあるいは少し良くして、正規職員をワーキングプアとせよと言う事ではないのか?

 そもそも論だが、行政の仕事は何なのだろうか?
 道路を作る事なのか?景気を良くする事なのか?戸籍を作る事なのか?財政を立て直す事なのか?国に苦情を言う事なのか?福祉を行うことなのか?
 上記の事は確かに行政の仕事だ。しかしこれらはすべて手段である。目的は国民を幸福にする事だ。ワーキングプア状態が目標と言うのなら、この国は飢餓状態にあるとでも言うのだろうか?
 
 失業が激しいときには行政は失業対策として直接雇用を行う。緊急の時には低賃金でもやむを得ないのだろうが、継続的な賃金は国民が再生産できる賃金が必要だ。すなわち家庭を持ち子育てが出来る収入の事だ。この収入は憲法で言う「第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」より低い収入を意味すると思う。

 行政は民間の賃金に対し国民の幸せのために指導する義務があると思う。それに対して自らワーキングプアを作り出す事はおかしいと思わないのか?報道ステーションのコメンテーターはそもそも論を考えてから発言するべきだろう。

 このような発言が出るほど目の前の事に幻惑されている。目を覚ますべきはマスコミだと思う。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
公が非正規雇用を認めるようでは世も末なのでは?
ロケットの夏
2009/07/28 18:13
ロケットの夏 さん
認めるだけではなく積極的です。世も末です。
飯大蔵
2009/07/30 00:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一億総ワーキングプアを目指すのかい? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる