飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 「分かった」が私には分からない

<<   作成日時 : 2009/05/26 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 事件の報道でよく言われる表現。
 「○○をしていたことが分かった」などと言う。人間が分かるためには見るとか聞くとかしないといけない。取材源の秘匿が必要とすればこのような表現もやむを得ないのかもしれない。しかし、事件関係の情報は圧倒的に警察情報ではないのだろうか。

 当然こんな表現もある。
路上で中華料理店の店員に刃物で切りつけ、けがを負わせたとして、大阪府警は26日、吹田署地域課の警部補、古川英生(ひでたか)容疑者(46)=大阪府交野市倉治3丁目=を傷害容疑で現行犯逮捕したと発表した。朝日
 警察が発表したとのことだ。取材源は極めて明らかだ。あるいはこんなものもある。
東京都板橋区弥生町の不動産賃貸業瀬田英一さん(74)方が燃え、瀬田さんら2人の遺体が見つかった殺人・放火事件で、2人は頭を殴られて胸などを刺された後、生存している状態で油をかけられ、火をつけられた可能性があることがわかった。捜査関係者が明らかにした。朝日
 これは警察の発表とは違うのだろうか?こんなのもある。
東京・文京区の中央大学で教授が殺害された事件で、逮捕された教え子の男が調べに対し「教授がトイレに入ってきたのを見て、声をかけずにすぐに切りつけた」などと供述していることが警視庁への取材でわかりました。NHKニュース
 警察庁は取材すれば何かを語るようだ。

 そもそも事件の報道とは一体何なのか、考えれば分からなくなってくる。事件とは犯罪であることがほとんどだから、世間の治安の程度が報道されることなのだろう。泥棒が多ければ戸じまりに気をつける、路上強盗が多ければさびし所にはいかない、そのような生活指針になるのか。
 犯罪が起こるばかりではますます不安だから、犯人が捕まって安心できるというものだ。だから、犯人が捕まったとの報道も必要なのだろう。

 だが権力側の暴走も事件報道の中に潜むのではないか。
 一つは犯罪者とされる人のプライバシーだ。どんな犯人なのか多くの人が興味を示し、どんな人生だったのかまで報道されてしまう。警察はそこまでの情報は出さないだろうが、ここはメディアが頑張る。
 一つは犯人とされた人への不当な攻撃だ。裁判で有罪となるまでは容疑者であって犯罪者ではない。警察の主張のみを報道することが検察側の有利さを引き出しているのではないか?裁判員制度を考慮すれば事態は深刻だ。
 一つは警察が捜査しない事件だ。交通事故なんかでもあるが、被害者死亡で加害者にされるケースなどだ。あるいは警察関係者や政治関係者などの犯罪が隠ぺいされる可能性だ。警察だけに情報を頼っていては報道が漏れてしまう。

 警察が出す情報は社会の利益になるものであるべきだ。犯罪の存在を知らせ、犯罪者が除去され安心できることを知らせるものでないといけない。それ以外の物は興味本位か何かの狙いがあるのではないだろうか?
 検察や警察が故意に流す情報、発表やリークによる情報をそのまま報道することは、すでにメディアの義務を放棄しているのではないだろうか?被害者や犯人とされた側の情報を丹念に拾って、社会のためになる報道を心掛けてほしいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国元大統領の死について当初は「自殺したとみられる」だったのが、時間の経過と共に「自殺した元大統領について・・」になってしまっている。
これはよくあるパターンだと思う。
メディアは本当に検証しているのだろうか。常々思うことだ。
ロケットの夏
2009/05/26 23:28
裁判員制度が始まり、テレビなどでは、「報道姿勢に注意する」と言いながら、実際には、逮捕=有罪判決確定のような垂れ流し色が強くなったような気がします。
東京地検特捜部や最高裁は治外法権なのでしょうか?行政府の裁量が、法律そのものになっており、最高裁はそれを追認するだけ。のみならず、裁判員制度のタウンミーティングの際の、「さくら」事件にはほっかぶり。
それに、仮に、報道のとおりだとしても、検察は都合がいいことだけしか出さないだろうし、過ちはウヤムヤにされる。裁判所も冤罪について逮捕状を出した責任は問われない。昔読んだ、刑事訴訟法の入門書に、「いくら国民でも、警察と泥棒と、どちらを信じるかといえば、警察に違いないだろう」と書かれていたが、それがそのままの意識で裁判員制度が始まってしまいました。
カタカナサヨク
2009/05/27 12:27
ロケットの夏 さん
本当にそうですね
カタカナサヨク さん
最近ひどくなったとは話が逆ですね。
飯大蔵
2009/05/27 21:33
そういや、前の総選挙で、「改革なくして成長なし」「郵政民営化は改革のための一丁目一番地」とか意味不明なことを絶叫して、それを「わかりやすい」とマインドコントロールしていたのは全メディアでしたね。
カタカナサヨク
2009/06/03 11:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「分かった」が私には分からない 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる