飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 海上警備行動のため陸自?

<<   作成日時 : 2009/04/17 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 26

 昔の話、海外で日本人が危害を受け、それを保護するために陸軍の駐屯部隊が出動、それれではかなわないので飛行機を飛ばし、そこが海岸に近かったので軍艦が出動し、それでもかなわないので陸軍の師団が出動する。戦争の拡大とは芋づる式なのかな。

 日本では軍隊のことを自衛隊と呼ぶ。文字通り自衛のための軍隊だ。基本的には日本国の国土とそこにいる日本人を守る。海上警備も日本周辺の海上だったはずだ。
 しかし日本人も海外に進出する。日本国籍を持って海外にいる日本人を守るには、日本軍は世界に進出しないといけない。日本のみならず世界の各国の人はその国籍を持ったまま世界各国にいる。それを守るために世界各国の軍隊が世界各国に派遣され、世界は軍隊だらけになるのだった。
 今守るのは人間だけではなく、日本に関係した物資にも拡大されるようだ。盛んな世界貿易を考えれば軍隊はますます蔓延することだろう。

 海賊は国家の戦争行為ではなく、犯罪行為なのだから、どれだけ装備が強力でもそれを取り締まるのは軍隊ではなく警察だ。その原則を崩しているのは、世界の強国といわれる国々だ。それらが主張すれば筋も正論も何もない。でもそれでいいのか?

 今日の記事
ソマリア沖海賊対策:P3Cの派遣準備を指示 防衛相
 東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、浜田靖一防衛相は17日、現地で活動している海上自衛隊の護衛艦2隻に加え、上空から海賊の動きを監視するP3C哨戒機2機を追加派遣する準備を指示した。防衛相は5月に再び海上警備行動を発令し、アフリカ・ジブチに部隊を派遣する。P3Cの海外派遣は初。

 浜田防衛相は閣議後、記者団に対し「引き続き、我が国に関係する船舶を海賊行為から護衛するために万全を期したい」と述べた。同省はまた、空港など拠点の警備や衛生任務にあたる陸自隊員を派遣するほか、空自による物資輸送も行う方針だ。

 P3C哨戒機は、海洋の警戒を任務とする固定翼機。最大速度は時速約730キロ、全長35.6メートルの11人乗り。現在、海自が約95機保有している。【仙石恭】毎日
 これが出来るのならイラク特措法も何にも要らないのではないだろうか?こんな発表を垂れ流しているマスコミもその資格なしだ。まさにマスゴミと言うべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる.
男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる. Movie Review: National Lampoon's Adam & Eve ...続きを見る
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
2009/04/18 21:43
「海上警備行動のため陸自?」について
「海上警備行動のため陸自?」について ...続きを見る
社会の出来事への思い
2009/04/19 17:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
海保は、巡視船の新規建造を見送るそうです。
今回のソマリア沖への護衛艦派遣の指揮命令系統や、撤収時の見極めとその基準等は、どうなっているのでしょう?防衛省の実際の部隊が血気にはやって、法律さえ制定してしまえば、何をしてもいいんだと、暴走振りがすさまじいですね。それもこれも旧軍の間抜けな連中が無謀にも見境もなく先の戦争を始め、自虐的に一億玉砕を叫んで、無辜の同胞を米軍の武器によって殺戮させたことの帰結です。戦争責任は終わっていないのです。
カタカナサヨク
2009/04/19 18:15
カタカナサヨク さん
旧軍関係者が自衛隊に関係していたとか?
戦争責任を終わらせなかったのはアメリカですね。
飯大蔵
2009/04/19 23:36
仮に戦争責任を終わらせなかったのがアメリカであっても、自らの手できちんと総括できなかったのは日本国民自身だと思います。
カタカナサヨク
2009/04/20 12:17
国会の事前承認は弱いながら最後の砦だと思う
でなければ戦前となんら変わりない。
ロケットの夏
2009/04/20 21:58
小心者の安倍何がしが、またぞろ勇ましいことを
いっているようですね、「敵基地攻撃能力がないと、ミサイルディフェンスが完璧にならない」とか。どこの国の議員なんでしょう?弱いものに限って勇ましいことをいう典型だと思います。
カタカナサヨク
2009/04/21 23:51
カタカナサヨク さん
日本国民自身の問題であることはもちろんです。
安倍なにがしは、通常の社会では発言力はなくなっているはずですが、どんな世界に生息しているのでしょうね。
ロケットの夏 さん
国会の事前承認はねじれ国会ではある程度の意味をもつかもしれないが、そうでない場合の意味は小さいのでは。
飯大蔵
2009/04/23 00:01
国民主権を早く行使して、正常な憲法の状態に
戻したいです。とにもかくにも、ソマリア対岸の
海保育成を遡上に載せて、このような政府自らの
憲法違反をやめさせないと、日本は歴史の教訓に
学べないとんでもない非民主主義国というとに
なると思います。
カタカナサヨク
2009/04/25 23:24
カタカナサヨク さん
「民主主義国」というものが実は曲者なのではないでしょうか?
飯大蔵
2009/04/26 21:01
飯様
運用によっては、ヒトラーを生んだ土壌も民主主義でしたね。しかし、それもこれも含めて主権を有する有権者の主権行使にかかっています。
さて、とあるブログに、

「海賊でさわぎ過ぎは慎め」――ジョン・パッチ(元米海軍中佐・陸軍大学校教師)の提言(『ニューズウィーク日本版』4月29日号)

という内容が紹介されていました。阿呆内閣と政権与党は、支持率回復のためと再軍備のために手段を選ばず無法規・無憲法状態です。メディアもきちんと問題点を指摘して、議論の土壌や民意をていねいに伝えることを放棄しています。21世紀のアンシャンレジウムだと思いますが、幸いにして主権者として選挙という最大の武器を持っています。来るべき総選挙では、現与党をしばらく下野させるべく、選挙権を行使したいと思います。同時に、民主党には、↑のブログ紹介記事のような、沿岸警備隊創設についても、国会での議論を求めたいと思います。
カタカナサヨク
2009/04/27 11:01
カタカナサヨク さん
国会の議論も重要ですが、民主党に期待しすぎるのもどうかと思います。既存の政党を拒否してヒットラーを選んだ歴史を常に頭に置くべきではないですか。
飯大蔵
2009/04/28 00:15
確かに今の政治の動きを見ていると、メディアが馬鹿の一つ覚えで取り上げるタレント知事などをみても、容易にヒトラー政権のような先軍政治を行う政権ができる可能性もあると思います。メディアが大本営発表を垂れ流している以上、一人ひとりが有権者の自覚をもって、政策を吟味して、投票しなければ。同時に、普段から声をあげていかなければなりませんね。
カタカナサヨク
2009/04/29 16:36
それにしても、海上警備行動といい、北朝鮮の飛翔体問題といい、世論操作が酷い。どこの国の政府なのでしょう。日米産軍複合体のための政治をしているとしか思えません。
カタカナサヨク
2009/04/29 16:38
民主党の長島とか言う議員は、自民党の別働隊でしょうか?スパイでしょうか?見事に平和ボケした軍事ヲタクが、絶対安全圏から、馬鹿な質問をして平気なんですね。先日の海賊対処法案の質問は、馬鹿かこいつはと言わざるを得ない。防衛省、アメリカ軍のスパイでしょうか?
カタカナサヨク
2009/04/30 17:32
カタカナサヨク さん
長島なにがしですか、また見ておきます。(見たくはないけどね)
飯大蔵
2009/04/30 22:58
「平和が見つかぬというものは、見つけようとする努力を怠ったもの」(ヘンリー・ミラー)

声高に軍事・防衛力増強と非常時を叫ぶ間抜けな議員や識者、いわゆる右翼団体といった平和ボケした戦争オタクに聞かせたい言葉です。もっとも、彼らは自分たちが何をしようとしているのか、その結果どうなるのか理解できないし聞く耳持たない幼稚さに満ち満ちているから、容易ではないかもしれませんが。
カタカナサヨク
2009/05/02 10:44
自分たちが戦争に行かず、死なないことを知っているのでしょう。
言った人が真っ先に行くとルールを作るべきなのでしょう。
飯大蔵
2009/05/02 22:19
今、改めて「永久平和のために」というカントの本を読むでいます。自民党の小泉・安倍・麻生といった軽薄短小内閣にぴったりあてはまる言葉ばかりです。
カタカナサヨク
2009/05/03 17:33
戦場に政治家はいない。いるのは兵士と一般人だけ―
ですか。
ロケットの夏
2009/05/03 23:31
カタカナサヨク さん
また紹介してください。
ロケットの夏 さん
その通りですね。
飯大蔵
2009/05/04 00:24
飯様
いつもブログの場をお借りし、書き込みさせていただきありがとうございます。また、どのような内容であれコメントを頂き、ありがとうございます。飯様は、謙虚な方なので、私のような輩が書く内容、読む本は、概ね、理解し、読まれた上での書き込みではないかと思い、その、いい意味での大人の対応に恥ずかしくなることもしばしばです。勇ましいことを言っている、政治家(=実は戦争屋)にも、飯様の爪の垢を煎じて飲ませたいですね。
カタカナサヨク
2009/05/04 12:47
連続投稿すみません。

行動派を自称する政治家は、過ちを
犯して国民を絶望の淵に追いやっても、
責任は転嫁する。

戦争それ自体は、とりたてて
特殊な動因を必要としない。
名誉心に鼓舞されて
戦争は起きる。

「永久平和のために」の中の一部です。
カタカナサヨク
2009/05/04 12:51
カタカナサヨク さん
残念ながら私の読んでいない本のほうが多いのですが。
上記のご紹介ありがとうございます。
飯大蔵
2009/05/04 21:45
もう一度書きます。
ソマリア沖で不測の事態が生じ、武力行使が既成事実になる前に、ソマリアの対岸国に、海上保安庁を設置し育成して、早期に護衛艦を引き返させる議論をしなければなら無いと思います。
カタカナサヨク
2009/05/08 11:23
イライラ戦争のころの、後藤田氏のような良識ある政治家が、自民党の中にはいなくなってしまったのですね。
カタカナサヨク
2009/05/15 12:17
改めて飯様の当初の意見に同意です。
海上警備行動で陸自を平気で派遣できるとは、もはや文民統制が破壊されているに等しいでしょう。平時でありながら、日中戦争の際のような際限ない軍部暴走が始まり始めているというのは、うがちすぎでしょうか?田母神発言や、威勢のいい、いわゆる「保守」論客、それに省に昇格した防衛省の名誉心と視野狭窄が、あまりにも目に余ります。
カタカナサヨク
2009/05/16 10:51
連続投稿、すみません。
ソマリア沖への海自出動について、派遣しなければ現実的ではないというきめ付けが先にありきで、議論の余地を故意に狭めていますね。今回の総選挙マニフェストで、どうしてソマリア対岸での海保育成等の、日本の成功例に基づいた具体的な政策を提示できないのでしょう?そんなに戦争がしたくてたまらないのでしょうか?
カタカナサヨク
2009/07/25 11:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海上警備行動のため陸自? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる