飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「靖国」上映中止に思う

<<   作成日時 : 2008/04/02 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 20

 中国人監督の撮った映画「靖国」を上映する映画館が上映を中止した。
<映画>中国人監督「靖国」上映中止 「抗議で近隣迷惑」5映画館自粛
2008年4月1日(火)13:00 毎日
 靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。

 中国人のリ・イン監督が、10年間にわたり、終戦記念日の靖国神社などを取材した映画で、軍服姿で参列する人や、台湾や韓国の遺族が抗議する姿も描いている。今年の香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。
 この記事の最後には
映画を配給するアルゴ・ピクチャーズは「上映中止になったことに憤りを感じる。言論と表現の自由の危機。大阪市の別の映画館と名古屋市内の映画館が上映の意向を示しており、都内についても引き続き上映館を探していく」と話している。
 とあり、「がんばれ」と声をかけたい気持ちだ。あまり見る気はなかったが、映画館を応援するために見に行こうかと思う。

 さて、この事に対して各紙は社説を書いている。
「靖国」上映中止―表現の自由が危うい 朝日
社説:「靖国」中止 断じて看過してはならない 毎日
「靖国」上映中止 「表現の自由」を守らねば(4月2日付・読売社説
【主張】「靖国」上映中止 論議あるからこそ見たい 産経
産経の主張はさておき、各紙は表現の自由を守れといっている。その方向性はよいのだが。
社説の結語では、政府や各政党、映画館、言論の府の議員たちこそが、国民の自覚に期待し、がんばれと言う。
 私のような無力なものが「がんばれ」というのと新聞社が言うのでは意味が違う。新聞社が他者にがんばれと言うのは、自分はやらない事の表明ではないのか。
社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討
2008年4月2日(水)19:57 朝日

 社民党の福島党首は2日の記者会見で、超党派の国会議員に呼びかけ、ドキュメンタリー映画「靖国」の自主上映を検討する考えを示した。

 福島氏は「日本の表現の自由の危機だ。全力を挙げておかしいと言う」と語った。国会議員向けの異例の試写会が開かれた後、上映予定の映画館が街宣車などによる抗議を受けたとして、福島氏は「上映前に国会議員が介入して、結果的に中止に追い込ませた」と批判した。
 朝日新聞はこの記事を報道しながら、恥ずかしくないのか。新聞社が上映すると言わないのか?

 日教組の大会の中止、過去に多くあった新聞の自主規制など、特定の主張に屈した歴史は多い。その弊害を記した社説は次の部分だ。
一方、警察当局にも言いたい。会場側が不安を抱く背景に、こうした問題で果たして警察が守りきってくれるのかという不信感があるのも事実だ。発表や集会を威圧と嫌がらせで妨害しようとする者たちに対して、きちんとした取り締まりをしてきたか。その疑念をぬぐうことも不可欠だ。毎日
 ずいぶん抑えた表現だ。事実はこんなものではないだろう。
 公安警察は共産党すら未だに監視している。過激といわれた左翼は、監視をはるかに超えているだろう。それに比べ右翼の監視はどこまでやっているのか。逆にそれを抑止していると信じる人は殆どいないであろう。

 同時にこうも言う。
また、全国会議員が対象という異例な試写会は、どういう思慮で行われたのだろう。映画の内容をどう評価し、どう批判するのも自由だ。しかし、国会議員が公にそろって見るなど、それ自体が無形の圧力になることは容易に想像がつくはずだ。それが狙いだったのかと勘繰りたくもなるが、権力を持つ公的機関の人々はその言動が、意図するとしないとにかかわらず、圧力となることを肝に銘じ、慎重さを忘れてはならない。
 これもまた抑えた表現だ。新聞社は取材する事ができる。なぜ、映画館などをもっと取材し、今回の中止が何故起こったのか報道するべきではないのか。
 ある意味、発信元と受信先が分かった通信の経過を調べる如きだ。それをせずに「表現の自由」を守らねばなどと言えるのか。

 マスコミとしての責務をやってこそ、社説で主張できるのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラブホの中心で街宣車が叫ぶ?〜映画「靖国」
映画「靖国」上映中止 揺れる表現の自由(毎日) 他の上映予定館周辺では街宣活動が行われたり抗議電話がかかってきた。「観客や近隣に迷惑がかかる」などの理由『靖国 YASUKUNI』は予告編観て映像が美的でかなり芸術的な作品と期待していたが、あえなく上映中止。公式サイト.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2008/04/02 22:12
『靖国』上映中止
 日中合作のドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」を、五つの映画館が公開中止した。これについて2日付新聞各紙がそろって社説を掲げている。このようなことは珍 ...続きを見る
反戦塾
2008/04/03 09:03
市民社会の敗北、暴力団体の勝利
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080331/crm0803311845029-n1.htm ...続きを見る
少数意見
2008/04/03 13:56
政治の責任。福田康夫です。
今日の「首相官邸メールマガジン」福田首相全文掲載。 [http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0403/0403souri.html] {{{ 政治の責任。福田康夫です。 ...続きを見る
ニッポンを改造するBYかんすけ
2008/04/03 18:54
朝日は沈む・映画『靖国 YASUKUNI』
 4月2日朝日新聞夕刊の8面、全面広告ページには話題の映画『靖国 YASUKUNI』の紹介広告で、監督の李纓と田原総一朗が対談している。その冒頭の部分で田原は「靖国神社には何度も行っていますが、8月15日に行ったことはありません。この映画で初めて8月15日の靖国を知ることができ、その様子に驚きました」と発言している。  朝生でもサンプロでも週刊朝日でも、これまで何回も8月15日の靖国神社の様子を田原は話題にしてきた。あれらの発言は、すべて実態を知らずに書いたり、言ったりしてきた妄想の産物... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2008/04/03 18:58
「靖国」公開中止言及ブログ集
 3月29日に開かれたJCJ総会で、来賓の嵯峨仁朗氏(日本マスコミ文化情報労組会議議長・新聞労連委員長)は、映画『靖国』の国会内での上映とその後に上映中止の映画館が出たことにふれ、先の戦争に向かって新聞が協力したのも弾圧の結果ではなく、テロや不買運動を恐れ、世論におもねったことを指摘しました。  その時点では上映中止は1館でしたが、その後、4月公開予定の映画館が中止を決定しています。  それに関するブログのエントリーをまとめてみました。  追記 ブログ名、あいうえお順ですが、読み方... ...続きを見る
JCJ機関紙部ブログ
2008/04/04 11:02
映画『靖国』は何を伝えられるか?
李纓(リ・イン)とかいう中国人の映画監督が撮った『靖国 YASUKUNI』とかいう映画が上映中止騒動などで注目されている。なんでも10年間に渡って撮影した映像をナレーションなど一切加えずに淡々と見せ続ける内容らしい。というとしっかりしたドキュメンタリー映画のように思えるが、事実を見せることが必ずしも真実を伝えることではない。チベット騒乱で中国国営テレビは、投石して窓ガラスを割るチベット人や警官隊に殴りかかる暴徒の群れなどの映像を淡々と流し続ける。それも事実であるが真実ではない。 靖国の風景... ...続きを見る
時代のウェブログ
2008/04/04 17:04
札幌でも上映できることになった映画「靖国」
何かと話題になっている映画靖国。どうやら苫小牧では上映されるようでホッとした。札幌でも上映されるらしい。だが、国政調査権を持ち出した稲田氏の真意はどこにあったのだろうか。 ...続きを見る
札幌生活
2008/04/05 09:05
映画「靖国」が5月10日から封切りに!
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ (朝日新聞)について. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2008/04/05 17:39
映画「靖国YASUKUNI」騒動
『靖国』が上映決定!支援ぞくぞくと…5月から全国で順次公開 - goo 映画 ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2008/04/08 16:04
「靖国」記者会見 アワープラネットTVの中継
10日、映画『靖国』の緊急アピールをライブ配信 ...続きを見る
JCJ神奈川支部ブログ
2008/04/10 10:19
靖国神社、映画「靖国」に反応
いやー、どうしてこうも「騒動」を広げる方向にいってくれるのか。映画「靖国」にとっては、向かい風に見えるが追い風がピューピュー吹いている。ついに題材の当事者も参戦、である。 靖国神社が11日付で、映画「靖国」の監督・配給元に対して通知を送った。その内容は下.... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2008/04/14 21:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
いったい、立法府の議員は何をやっているのか。また、テレビは何をやっているのか。のうのうと安逸をむさぼるだけで、言論表現の自由を封殺するような、空気作りにほっかぶりか。しかも、上記のような意見(=あえて、自主上映をしようという意見のこと)を、きちんと報道し、それを擁護しないとは、放送免許剥奪(返上)ものではないのか。
国体明朝
2008/04/03 17:06
・映画のクライマックスで、南京事件の写真として、ねつ造と断定されたり、信憑性の怪しい写真が 使われている。
・刈谷直治さんは、「美術品として純粋に靖国刀匠、匠のドキュメンタリーを撮りたい」という若い中国人の青年の申し出に、刀をつくる自らの映像を撮影することは承諾したが、キャストになることを知らなかったし、今もキャストになることを了承していない。
・パンフレットにのっている制服姿の青年は現役自衛官。靖国神社に参拝しているところを無許可で撮影をし、無許可でこの映画に使われ、パンフレットに掲載されている。
・靖国神社の許可を得ずに撮影が禁じられている場所や時にても撮影。
・靖国神社のご神体は日本刀ではない。
よしだ
2008/04/03 22:09
国体明朝 さん コメント有難うございます。
マスコミには要注意ですね。古館さんがこの話題が遅すぎたと反省していましたね。素直なところはいいのですが。

よしだ さん
映画の内容については、私は何も言っていないので、別のところでお願いします。
飯大蔵
2008/04/04 00:19
よしださんのお話は内容のことだけじゃない。
ルール違反していて、人を傷つけている。
イライラ
2008/04/04 14:14
言葉足らずのため訂正。
よしださんのお話は内容のことだけじゃない。
この映画はルール違反していて、人を傷つけている。
イライラ
2008/04/04 14:25
よしだ氏は、飯大蔵氏の指摘が図星だったものだから、故意にスレッド潰しをしているのだろう。
国体明朝
2008/04/04 17:02
お玉おばさんのサイトでも言いましたが
映画を観てそれから始めて批判できる
のであって、今の状態では
批判も論評もありません。
ロケットの夏
2008/04/04 17:21
映画を公開するなら、肖像権の問題等を解決すべき。
観る以前の問題だ。
イライラ
2008/04/04 18:38
刀匠が肖像権の侵害を主張するなら
本人がマスコミに語るかあるいは
措提訴すれば良いわけで
それは我々の側の問題では無いと思います。
ロケットの夏
2008/04/04 23:11
人権には興味ないわけだ。
なら言う事はない。
イライラ
2008/04/04 23:27
国体明朝さん、ロケットの夏さん
コメント有難うございます。
イライラ さん
言いたい事は分かりましたが、我々が映画を撮影したわけではないし、映画もまだ見ていないし、撮影の過程を知っているわけでもないので議論は不可能です。ご了承ください。


飯大蔵
2008/04/04 23:36
靖国神社問題や右翼など詳しくは知らない学生ですが、書かせていただきたいと思います。
映画の公開前から「あーだ、こーだ」言っている大人たちの姿が醜く(←失礼)感じられました。テレビに出ていた右翼系の人も映画を観てもいないのに、映画館に乗り込んだりしている。法律に触れる映像などは、検査機関(があるのかどうか知りませんが)が検査しているのではないでしょうか?
いいとは思いませんが、映画を見た後に議論をし、暴動を起こすべきではないと感じます。
少し余談になりますが、小学3年生の頃親から『紅の豚』は、「まだよく判らないだろうから見ないほうがいい」と言われました。けれど、見てみると「なんとなくイイな」と思えました。『靖国』も「ああやっぱり、この程度か」と思うかも知れませんし、「意外と良いのでは?」と思うかもしれません。
「百聞は一見にしかず」です。テレビを見ていてあまりにも醜く、稚拙に思います。まず、見てから「あーだ、こーだ」言いませんか?
長々とヘタな文章失礼しました。
詳しくは知らない学生
2008/04/08 18:19
詳しくは知らない学生 さん
仰るとおり、映画批評は見てからやるべきですね。「醜い」の表現:ぴったりです。
テレビの報道では「愛国者」の時間の方が長いとも言いますね。見てからの話ですが。
 映像が法律に触れるのは、わいせつ画像や名誉毀損の場合です。名誉毀損は名誉を傷つけられた人が告訴するもの、またこの映画はわいせつには当たらないかな。
飯大蔵
2008/04/08 21:07
詳しくは知らない学 さん
おおむね賛成です。観てから批評、批判
する。その通りです。ですが、
暴動には果たして正当性があるので
しょうか。疑問です。
ロケットの夏
2008/04/09 00:05
月2日政策側は朝日新聞夕刊に全面広告を出した。この広告費は5千万円を超えている。

即ち、バックに資金提供者がいる。

これがだれかは はっきりしている。

なにをあまいことを言っているのか?
文化庁を騙し、資金をださせ、それをネタに出演者を騙し、右翼街宣車をつかって上映中止にして話題づくりをして、新聞・テレビを動かし宣伝する。最後に全面広告で正体バレバレ
以上だ!!!!
SA・TA
2008/04/12 02:21
SA・TA さん
宣伝はアルゴ・ピクチャーズ がやっているのではないですか?そこにいずれかの金が入っているかは知りませんが、バレバレにはなっていませんね。
右翼街宣車まで動員できるとは逆に天晴れですね。

飯大蔵
2008/04/12 02:47
問題となっているのは助成金という税金を流用するに当たっての「規則」
明確に出演拒否している方の「肖像権と著作権」
靖国での「許可を取らないでの撮影」です。

見ないと判断できないというのは問題意識のすり替えです。
映画内容に関してでなく前提が問題になっているのです。
もし「飯大蔵の生活」という作品を本人に許可を取らずに製作し、ポスターにも大々的に使って飯大蔵さんが気がついて反対してきたら「表現の自由を侵害するのか!見てから判断しろ!」と言うつもりですか?
内容ではなく、その前提となる製作のやり方が非難されているのです。
90歳になる高齢のおじいちゃんに、残りの人生かけて法的に訴えなければどんな映画を作ろうと勝手だとおっしゃるのであれば、もう言う事はありません。
見当違い
2008/04/19 14:39
見当違い さん
私は問題にしているのは映画館が上映を中止した点です。助成金と肖像権は問題にするべき事項でしょうが、私はまだ何も言っていません。それに反論するのは見当違いではないですか。
飯大蔵
2008/04/20 00:55
たとえば、統一教会や政府与党に都合がいいプロパガンダ映画ができたら、当然に、助成金の対象になるなんていわないでしょうね
イライラさんやら、見当違いさんは。
カタカナサヨク
2008/04/30 14:24
カタカナサヨク さん
コメント有難うございます。
飯大蔵
2008/04/30 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「靖国」上映中止に思う 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる