飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 大局見失った「長寿医療」報道

<<   作成日時 : 2008/04/21 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 「後期高齢者(長寿)医療制度の悪評、極まった感がある。それにしても制度導入と同時の洪水報道だ。以前はニュースにならなかった。なぜか。伝える側が問題の大きさをつかみきれなかった。他の大ニュースにかき消された面もある。」
 こういった表現はメディアはどうあるべきかなどを論じる大学教授がよく書く文書かな、と思った。

 この後、今までの制度でも高齢者の多い国民健康保険の負担が多く、他の保険組合などから支援しない限り崩壊すると解説する。現制度でも支援は入っているが、これが政治的に通りやすかっただけで、やむを得ない選択だったと言う。

 成立当時は小さく報道されたと言う。
厚労省案を伝える02年12月17日毎日新聞夕刊の見出しは1面左端4段抜き。閣議決定を伝える03年3月28日夕刊は1面下4段。83年の老人保健法施行以来四半世紀ぶりの大改革にしては地味だが、理由は明確だ。イラク戦争である。3月20日の開戦をはさみ、メディアはイラク報道一色だった。

 06年6月、報道の次の山場が訪れる。医療制度改革法成立を伝える同月14日毎日夕刊の扱いは1面下3段(朝日、読売は同4段)。各紙とも06年10月からの窓口負担引き上げを重視、08年改革の説明は薄い。

 当時、メディアを席巻した話題は村上ファンド代表・村上世彰(よしあき)逮捕と秋田・連続児童殺害の畠山鈴香逮捕。小泉純一郎の引退間近で政策論戦は後景に去り、安倍晋三と福田康夫の後継争いが注目されていた。
 締めくくりはこのように書く。
必要な後始末は泥縄式の小細工ではない。改革の基本について国民の理解を深め、必要な修正を加えて納得を引き出すことだ。が、与党は言い訳がましく、厚労省には気迫がない。野党は混乱に乗じ、メディアは混乱の表面しか見ない。攻守とも大局観を取り戻さねば、不安の連鎖を断ち切れない。
 ここで、この論の表題「大局見失った「長寿医療」攻防」に結びつけ、与野党の政争の具であるような表現とする。
 途中飛ばした部分では、厚労相・舛添要一の言葉「(改革せずに)国民皆保険をつぶしていいんですか。アメリカのような制度にはしたくない」を紹介する。

 この論の流れは、自民党の主張そのものだ。自民党が世論を恐れてこの案の必要性を説明できない事に対して、説明を試みているとも思える。

 これを書いたのは自民党の御用学者ではない。毎日新聞専門編集委員・山田孝男が風知草と言うコラムで書いたものだ。
風知草:大局見失った「長寿医療」攻防=専門編集委員・山田孝男
毎日新聞 2008年4月21日 東京朝刊


 新聞社にいる者が、イラク戦争や村上ファンドの事件があったから報道が小さくなったと言うのは言い訳のはずだが、それを当然のごとく書く。国民にとって何が重要かを選択するのはメディアの責務の筈なのに、それを反省する色はまったくない。

 後期高齢者制度の問題点は、医療の削減であり、高齢者が増加したときの高齢者の負担増であって、今の負担増や年金天引きは相対的に小さな問題だ。「伝える側が問題の大きさをつかみきれなかった。」と過去形で書くがこの論説委員にとって、現在形で書かねばならない事だ。

 比較的良心的と思える毎日新聞ですら、こういう者がおり、論説委員の地位を継続させている会社の姿勢がある。どのようなメディアも信じてはならないと言う事だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最大の責任はまっとうな議論をしなかった政治家でしょう。これを修正するような対案で国会を盛り上げるべきだった。2番目が行政にとりこまれてしまった政治部記者。3番目が地方自治体の広報サボタージュだと思います。
ましま
URL
2008/04/22 09:41
長寿医療制度と対を成すのは道路特定財源
の無駄遣い問題だろう。
先日、民放を見ていたら例のタクシー券の
問題をやっていた。ワースト7が国交省の
関東整備局の方々であるらしい。
ふと考えて、これがNHKの報道であった
なら、今頃与党は火消し、あるいは
マスコミ非難に必死のはずだ。
民放の報道なら軽んじて良いのだろうか。
シカトは、もはや立派な日本文化で
あるらしい。
ロケットの夏
2008/04/22 20:17
ましま さん、ロケットの夏 さん
仰るとおりですね。政治家もマスコミもええ加減せー・・・ですね。
飯大蔵
2008/04/22 22:20
マスコミとは、情報料を支払う人を誰に置くかで記事内容が変わってきますね。
広告を収入源とすると0円なんて雑誌もあります。
新聞社も新聞事業だけでは、生き残れない時代です。新聞とTV、ラジオ、さらに通販などと手を広げます。それだけ新聞事業から離れて行きます。
TV、ラジオと分離している毎日新聞はまだマシだと思いますよ。
一般人
2008/04/23 21:34
一般人 さん
メディアの収入源は着目すべき点ですね。
読者が支えるメディアが必要なのでしょう。しかし、昔あった読者の不買運動も着目すべきところで、まずは読者がしっかりしなければならないのでしょう。
飯大蔵
2008/04/23 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大局見失った「長寿医療」報道 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる