飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連決議があれば軍隊を派遣する民主党

<<   作成日時 : 2007/10/03 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

 民主党小沢代表のテロ特措法反対の報道がなされている。給油疑惑、小沢氏「憲法が許さぬ」 情報公開攻勢へ2007年10月02日22時30分朝日
民主党の小沢代表は2日の記者会見で「憲法上許されないという原則については、協議のしようがない」と語り、妥協しない考えを鮮明にした。
 また民主党のHPでも
小沢一郎代表は、2日午後の記者会見で、政府が今週中にも骨子を提示したいとしている、いわゆるテロ特別措置法に代わる新法について、「油を供給するのは、戦争そのもの。戦車も飛行機も油がなければ動かない」として、憲法に違反する以上、協議のしようがないと一蹴した。
 と発表している。

 民主党は憲法改正案の骨子で、国連の決議があれば軍隊を世界の果てまで派遣できるように変更するとしていた。この改正案が民主党の民主的手続きによって決定されたものかどうか確認できない。
 国連中心主義は小沢の持論と認識しているが、小沢は変わらねばならないといっていた中に国連中心主義があったのか否か、明確な報道はなかった。

 今回のテロ特措法への反対は、国連決議ではなくアメリカの自衛戦争に始まったアフガニスタン戦争を支援する事が国連中心主義に反すると言う意味で整合は取れているのかもしれない。新しい国連の感謝決議では小沢の言う国連決議にはならないという主張も一面正しいのだろう。
 では小沢はアフガン紛争に対しどうしたいのか?本日の記事で小さく報道されていた。
小沢民主党代表:アフガン部隊参加に意欲…海自給油代替案
 民主党の小沢一郎代表が5日付の党機関誌で、インド洋での海上自衛隊の給油活動に代わる国際貢献をめぐり、民生支援の重要性を強調する一方で、「政権を担う立場になれば、アフガニスタンでの国際治安支援部隊(ISAF)への参加を実現したい」と語っていることが2日分かった。ISAFは治安維持活動を行っており、参加すれば憲法が禁ずる海外での武力行使にあたる可能性が出てくる。

 ISAFは01年12月、国連安保理決議で設置が承認され、北大西洋条約機構(NATO)が主導。今年7月現在、計37カ国が参加し、約3万9000人を派遣している。

 小沢氏は国連決議に基づく国連の活動であれば、海外での武力行使でも憲法に違反しないという立場。2日の記者会見でも「ISAFは国連の活動で、参加は憲法に抵触しない。派遣するかしないかは時の政府の判断だ」と語っていた。党幹部は「小沢代表の持論から言えば、武力行使を含むISAFへの参加は当然だ」と指摘した。

 しかし、民主党内には後方支援を検討する声はあったものの、本体参加には慎重意見が大勢。党内から異論が出ることも予想される。【大貫智子】

毎日新聞 2007年10月3日 3時00分 2日の記者会見の模様は自民党のHPで見る事ができる。その19分30秒からの部分だ。「国連の決議による事は日本国憲法の精神に沿う事だ。」と言う。

 安倍政権が集団的自衛権の拡大解釈をしようとして憲法を無視することも許されないが、小沢も憲法を変えずして武力派遣をしようとしている。国連決議があれば憲法に合致し、国連決議がなければ憲法違反であるなどとは、日本国憲法には書いていない。小沢の頭の中では改憲が済んでいるとしか思えない。
 記者は「本体参加には慎重意見が大勢。党内から異論が出ることも予想される。」と解説している。民主党の議員達はどう考えているのだろう。ここで行動しなければ代表と同じ意見だとみなされるが、どう考えているのだろうか。
 自民党は郵政民営化で離党などがあった。しかしこれは党の基本的な主張ではない。基本的な主張が同じだから復党などの議論が出来る。
 軍隊を派遣するか否かは基本的な主張だ。これを看過して政党に所属する事は、有権者をバカにしているということだ。議員は早急に行動し、意見を表明するべきだ。
 もし意見は違うが代表に従うなどと思っている議員がいたら、こう言ってやりたい。「そこまでして政権党にいたいのか、何の利権を狙っているのか」と。

 平和を欲する国民は「前門の虎、後門の狼」に襲われている。どうするべきか、衆議院選挙までに考えねばならない。残された時間は短い。


 また小沢は記者会見で記者達に、「今までに何度も言ってきた。」と言っている。この話は今急に出た事ではないことを示している。しかし、報道で今まで明らかにされた事はなかったと思う。
  また、小沢が「憲法違反だ」と言った映像も流れていたし、新聞も大きく流している。同じ記者会見ででたこの重要な話はテレビではなされず、報道も小さい。
 この話が参議院選挙前に出ておれば、あの結果は出ただろうか?

 マスコミは国民の目と耳の役目をする義務がある。社説で何を言ってもよいが、報道が偏向する事は許されないことだ。
 政治をマスコミが誘導してはならない。あの戦争を煽った責任をマスコミはまだ感じていないらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インド洋上無料ガソリンスタンド、閉店ガラガラ─?
ようやく国民の声に耳を傾ける気になったから──と言うよりは、単に野党からの追及の手を緩めたいからだけだろう。 ...続きを見る
もーちゃんの部屋
2007/10/03 16:31
「国連決議があれば軍隊を派遣する民主党」について
「国連決議があれば軍隊を派遣する民主党」について ・・・また小沢は記者会見で記者達に、「今までに何度も言ってきた。」と言っている。この話は今急に出た事ではないことを示している。しかし、報道で今まで明らかにされた事はなかったと思う。・・・小沢氏の発言は前から一貫していますよ。テレビや雑誌で何度も発言しています。 ...続きを見る
【日本の政治】同好会
2007/10/03 21:35
民主党、小沢代表の発言を批判する
前のエントリーは、民主党にメールで送付しました。 私は政権交代を実現し、自民党一党独裁による国民不在の利権政治の膿を出すために、民主党を応援していますが、その主張すべてに賛成しているわけではありません。 特に、昨日あったと言う、民主党、小沢代表の発言に.. ...続きを見る
「猫の教室」 平和のために小さな声を集め...
2007/10/04 04:29
ミャンマーその後とODA
投稿直前に一瞬にして消えた記事&hellip;&hellip;がっかりしましたが、気を取り直して再度チャレンジです。 なお、一度使った資料がいくら捜しても見つからないために記憶に頼ったものもあります。 まず、英国ガーディ& ...続きを見る
とむ丸の夢
2007/10/04 16:03
不気味な静けさ&おとなしさ、&・・
まず、飯大蔵 さんのところで書いたコメントに、お返事を頂きました。 三介 さん あなたの論理に2点問題があります。 「解釈改憲をズルズルと続ける危険」に対し、「解釈改憲」と同じ方向へ改憲する事はおかしいです。 その危険に対する対応はおかしな解釈が出来ない条文.. ...続きを見る
いわいわブレーク
2007/10/07 11:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
小沢は湾岸戦争の時も同じこと言ってたと記憶していますが。
「国連決議に基づく国連の活動であれば、海外での武力行使でも憲法に違反しない」
小沢の主張は一貫していると思います。
私としては、中村哲医師が「自衛隊がアフガニスタンに入ってきたら、私たちは引き上げる」と語っていたので、アフガニスタンには行かないほうがいいと思っています。
nessko
URL
2007/10/03 21:18
資金面では、はるかに小規模なはずの中村哲医師らの行動は着実にアフガン人の信頼を得ているというのに、あくまでも武力でテロを殲滅しようとするアメリカ中心のやり方はむしろテロリストを増殖させています。まったくの大ばかヤローです。
ロケットの夏
2007/10/04 00:36
内閣法制局の見解は一貫していると思っています。例え小沢の持論であっても不可能であったでしょう。民主党内の議論に期待したいところですが、困った事です。
飯大蔵
2007/10/04 02:06
こんばんは。ええ、はじめまして。
>平和を欲する国民は「前門の虎、後門の狼」に襲われ

以前、眠り猫さんのところで、「小沢氏の狙い」について書きました。
http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/51232000.html#comment
今の解釈改憲をズルズルと続ける危険については、護憲派も賛成だと思います。
野党勢力が参議院で、過半数とはいえ、社民・共産・国民新党の協力無しには出来ない現状で、あえて小沢氏が、この問題を提起しているその意図は、
明確な改憲した上での『武力行使の縛り』による[=国連安保理の決定の下でのみの]『武力行使も伴う治安維持活動』への参加。現実には中国やロシア或いはアメリカの拒否権で、大抵の武力行使は困難ということも小沢氏は踏まえているのでは?

それ[安部政権のアメリカ追従的な改憲に対抗して、そういった幅広い問題を踏まえた改憲]を与野党、さらには、有権者に、来る総選挙で問いたいのではないでしょうか? 

基本的に僕はこの小沢氏の姿勢に賛成です。
三介
URL
2007/10/05 19:05
三介 さん
あなたの論理に2点問題があります。
「解釈改憲をズルズルと続ける危険」に対し、「解釈改憲」と同じ方向へ改憲する事はおかしいです。その危険に対する対応はおかしな解釈が出来ない条文に改める事です。
本来、小沢改憲の理由は国連の枠内で海外派兵をするべきだから、の筈です。
「大抵の武力行使は困難」はある程度正しいですが、アフガニスタンは国連決議が出ています。もともとアメリカの個別自衛権で始まった戦いに行く事がアメリカ追従では無いのでしょうか?

 あなたは平和主義者なのですか、それとも騙されているのですか?
飯大蔵
2007/10/05 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国連決議があれば軍隊を派遣する民主党 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる