飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKの視聴の仕方

<<   作成日時 : 2007/03/15 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 NHKの予算が承認されたそうだ。総務省は視聴料の納付義務化と引き換えに視聴料値下げを要求したが、NHKはがんばりとおしたようだ。視聴料を納めていない人は3割に上るそうだ。大きな数字で公平に欠くと思う。
 しかし、それを理由にして義務化することがいいとは思わない。どのようにやっても、払いたくない、ズルをやる人はいると思う。その率は3割よりははるかに低いと思う。その差、NHKに批判的な人の意見をよく聞くべきだと思う。

 私も今のNHKの放送内容では払いたくないと思う。今払っている人の中にもそのような人は多くいると思う。
 最近NHKでよくやっている世論調査の結果では、NHKに期待するものは災害放送だと言う。報道でもなく、娯楽でもないことをNHKは理解するべきだろう。

 プロ野球のファンは巨人が圧倒的に多かった。理由はNHKしか見られない地域が多くあり、NHKが巨人の試合を中心に放送したからだそうだ。今でも民放を多く見られる地域は少ないのだろう。
 今報道に占めるテレビの比率は高い。NHKを主に見る人の政治知識はNHKの偏ることだろう。だから、NHKには公正中立が望まれているのだ。
 
 しかし、最近のNHKの報道は著しく公正さ、中立性を欠いている。特に討論番組や、特集番組が酷い。ニュースも注意深く見ているとさりげなく行われている。

 討論番組では、司会者が重大な役割をしている。
 話が核心に近づくと、司会者が時間の都合とか言って話をそらす。
 反対派が喋りだすとほかにも発言していない人がいるとか言って、止める。
 賛成派が喋っている時には、まったく関与しない。
 いかにも両方の意見を言わせているようなポーズがなんとも腹立たしい。

 特集番組ではコメンテーターが重要な役割を果たしている。
 なんとか大学の教授を出して、いかにも正しいようなことを言わす。
 何の話題だか忘れたが、コメンテーターがまともすぎて聞き手が困っていたものもあった。何とか話を戻そうと言う努力は滑稽ですらあった。

 ニュースでは重大な問題を簡単に報道し、つまらないものに時間を費やす。
 例えば、国民投票法案の紹介などは、政治の駆け引きと捉え、政争の道具を強調する。中身を知らない人はつまらない話と思うだろう。本当は法案の中身が問題であって、如何に国民の意思を取り込まず憲法改正が出来るように工夫してあるかが報道されない。
 そのくせ、アメリカ大リーグでの日本人の活躍を長々とやって、ナショナリズムを煽る。また、拉致問題には熱心に時間を使う。さらに、ニュースでNHKの主張を長々やる。
 ニュースの選択が恣意的なのだ。


 NHKがどのような報道を行っているか、批判的に見ていくことが必要だ。
 特に、NHKが強調しようとしていることは、政府の主張だと認識することだ。政府広報放送局と認識することだ。そのように意識してみれば見る価値はあるかもしれない。
 ニュースも同様だ。ただ、民放よりは時間が長いので、多くのニュースがあるので、ニュースの項目を知るためにはいいものだと思う。しかし、これしかニュースがないと思うのは間違いだろう。

 イギリスのBBCはNHKと同様の性格だそうだが、メディアとして機能している。NHKが真のメディアになってくれれば、喜んで視聴料を払うのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アメリカが拉致問題に及び腰なワケ」
東京新聞(夕刊)2007年2月1日(2面) ...続きを見る
江戸摩呂日記 〜メディア千本ノック〜
2007/03/16 11:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
NHKの討論番組って、詰めが甘いのか、見終わった後に何が言いたかったのか、よく分からない感じです。最近は見なくなりました。
むしょく
2007/03/26 02:08
むしょく さん
司会の言葉の一つ一つを聞いていると面白いですね。詰めを甘くさせるところが見えます。
飯大蔵
2007/03/28 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHKの視聴の仕方 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる