飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS ホワイトカラー・エグゼンプションをめぐる動き

<<   作成日時 : 2007/01/05 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

 ホワイトカラー・エグゼンプションについていくつもの記事が出ている。
 朝日はホワイトカラー・エグゼンプションを「残業代ゼロ」と翻訳したようだ。あまり正確とはいえないと思う。
残業代ゼロ「導入適当」 労政審 
残業代ゼロは時期尚早 公明・太田代表が強調
自民・丹羽総務会長も、残業代ゼロに「慎重に対応を」 
残業代ゼロ法案「次期通常国会に提出」 厚労相が強調 
残業代ゼロ法案、成立阻止を連合会長が強調
 以上は朝日の記事
民主党:格差是正法案提出へ エグゼンプションの反対案
 毎日の記事 

 民主党も公明党に続いて反対の意思表示のようだ。自民党も反対を表明したのだから厚労相の強気はどうなるのだろうか。
 
 厚労相の方針について、指示を与えるべき人はこの人だが、このコメントは何なのだろう。
 
残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」2007年01月05日22時01分
 安倍首相は5日、一定条件下で会社員の残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを持っている方も多いのではないか」と述べ、労働時間短縮につながるとの見方を示した。さらに「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」とも述べ、出生率増加にも役立つという考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「家で家族そろって食卓を囲む時間はもっと必要ではないかと思う」と指摘。長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。

 ただ、連合などはサービス残業を追認するもので過労死が増えるなどとして導入に猛反対している。このため、夏の参院選をにらんで与党内でも慎重論が広がっている。

 しかし、首相は通常国会への法案提出については「経営者の立場、働く側の立場、どういう層を対象にするかについて、もう少し議論を進めていく必要がある」と述べるにとどめた。
 朝日は「長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。 」とうろたえながら解説している。もっとうろたえるべきは閣僚と自民党だろうな。

 このコメントは世間を煙に巻く一流の演技なのか、もしくはボケをかます別の意味の演技なのか、それとも本気で思っているのか、その区別はつかない。立派な助言者もいるだろうから、最も良い解釈がそのうち出てくるだろう。

 しかし、ある条件を入れれば「ホワイトカラー・エグゼンプション」をこのように解することは可能だ。その条件とは労働者の立場が圧倒的に強い場合だ。
 出勤しなくても給料がもらえたり、途中でいなくなっても欠勤にならない例もある。ホワイトカラー・エグゼンプションはそれが堂々と出来ると言うことだ。仕事の成果は労働者の立場が圧倒的に強いので何とでもなる。レポート一枚で成果とすることだって可能だろう。

 逆の言い方をすれば労働界が反対する理由は、労働者の立場が圧倒的に弱いからだ。ホワイトカラー・エグゼンプションの是非はそのことにかかっていると言える。決して給料の多い少ないではない。給料が多いからホワイトカラー・エグゼンプションを適用してよいと言う理由は何か。給料が多ければ文句は言わないだろうと考えているだけだ。

 ホワイトカラー・エグゼンプションが過酷になるかは、仕事量が適切か、目標の達成可能レベルによる。給料の多い少ないではない。給料が多ければ長時間働けるか?

 そして仕事量は労働者の立場の強さで決まる。これがこの問題の本質だと思う。

 安部首相は図らずもこの問題の本質を、別の方向から見せてくれた。労働者の立場が強いと思っているのか、そういうことにすると言っているのか、理由はないけれどいい制度と言っているのか、分からない。
 安部首相の本を読んだ感想から言えば支離滅裂と思ったほうが良いのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「赤ちゃん」平等に願います。
             タヌ坊ですよろしく。 ...続きを見る
酔語酔吟 夢がたり
2007/01/06 19:40
残業代ゼロ見送り論、与党に強まる 厚労省に戸惑い
こんばんわ。プライベート編集局@AKIRAです。 ...続きを見る
AKIRA発 プライベート編集局
2007/01/07 01:37
ホワイトカラー・エグゼンプション。既卒就職活動を応援
■広がる成果主義対応 人件費削減の“悪用”に組合反発 労働時間の規制を受けない働き方を認める「ホワイトカラー・エグゼンプション」。厚生労働省は、来年の通常国会に労働基準法などの改正案を提出し早期導入を目指している。ただ、労働組合が導入に強く反対している... ...続きを見る
既卒就職活動を応援@既卒・ニート・フリー...
2007/01/07 23:02
ホワイトカラーエグゼンプション <残業ゼロ制>安倍首相が国会提出断念を明らかに
...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/01/17 11:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
労働生産性を考えるとホワイトカラー・エグゼンプションは避けて通れない問題だ。
それもこれも労働の質と種類の研究が欠かせない。ここの議論を外しているから現代社会の疾患が噴き出ているんだが。
Hbar
2007/01/06 05:57
私は残業代が無いところで働いているので、
打撃は無いのですが、残業代があるところで働いている人は不安だと思う。
ホワイトカラー・エグゼンプションを導入すると、多くの人は実質賃下げになるんじゃないかな。
おっしゃるとおり
URL
2007/01/06 07:04
コメント有難うございます。
ホワイトカラー・エグゼンプションを導入すればどうなるのか、望ましいと言う人もいるみたいですね。もう少し言い方を考えないといけないみたいです。
飯大蔵
2007/01/07 01:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホワイトカラー・エグゼンプションをめぐる動き 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる