飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 訃報:萱野茂さん アイヌ民族初の国会議員

<<   作成日時 : 2006/05/07 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



アイヌ民族初の国会議員として参院議員を1期務めた萱野茂さん 






 萱野さんが亡くなった。平取町の資料館にもお邪魔したことがある。ご活躍されたことを改めて思い出す。ご冥福をお祈りします。
 後継者の方がどなたかは知りませんが、しっかり後をついでやって欲しいものだと思います。
訃報:萱野茂さん79歳=アイヌ民族初の国会議員

アイヌ民族初の国会議員として参院議員を1期務めた萱野茂(かやの・しげる)さんが6日午後1時37分、急性肺炎のため札幌市内の病院で死去した。79歳。葬儀は12日午前10時、北海道平取町本町88の1の同町中央公民館。自宅は同町二風谷(にぶたに)79の1。喪主は妻れい子(れいこ)さん。同町の町葬として行う予定。

 萱野さんは平取町二風谷に生まれ、アイヌ語を母語として育った。アイヌ民具や民話の収集に尽力し、言語学者の金田一京助のユーカラ研究を助けた。「ウエペケレ集大成」(75年)で菊池寛賞、「萱野茂のアイヌ神話集成」(98年)で毎日出版文化賞を受賞した。

 92年参院選に社会党比例名簿11位で立候補し、94年8月に繰り上げ当選。その後発足した民主党に移り、98年に引退した。アイヌ語で国会質問に立つなど、北海道旧土人保護法の撤廃とアイヌ新法制定を訴え、先住民族の権利確立に努めた。

 93年には旧建設省の二風谷ダム建設計画を巡り、ダム用地の強制収用を裁決した北海道収用委員会の決定を「アイヌ民族の聖地を奪うもので憲法違反」と、国を相手に裁決取り消しを求める行政訴訟を提起。札幌地裁で、先住民族のアイヌ民族への配慮を怠ったダム建設は違法と認定する判決(97年3月)を勝ち取った(国は控訴断念)。

 著書に「キツネのチャランケ」「おれの二風谷」「アイヌの碑」「二風谷に生きて」など。01年秋に勲三等瑞宝章。

毎日新聞 2006年5月6日 20時42分 (最終更新時間 5月7日 1時35分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
訃報:萱野茂さん アイヌ民族初の国会議員 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる