飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 「素朴で絵のように美しい国」 「逝きし世の面影」 その2

<<   作成日時 : 2006/04/29 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 『読書』 逝きし 世の面影の続編です。やっと逝きし世の面影を読み終わりました。

 外国人の見た江戸時代の様子は「素朴で絵のように美しい国」のようだった。
 章の名前から拾った、そのいくつかです。
人々の陽気さ、簡素で豊かな人々、親しげで礼節な人々、雑多な生活、充溢した物品、肉体労働とその美しい肉体、女性の裸体、混浴、高い女性の地位、子供の楽園、美しい風景、生きとし生けるものへのふるまい、根源的な信仰心、安寧な心
 そしてそれと一線を画す武士社会の状況。
 
 真に素晴らしい文明があったことに感激をする。それは明治の世にも継承され、次第に近代機械文明の嵐の中にもまれて消えた行ったとある。
 しかし私の心にある昔の日本と重なる部分がある程度あることにも驚かされる。 例えば、子供は、自由に道路で、子供たちの小さな社会で遊び、子供のけんかに親は口を出さないことになっていた。例えば女性は電車の中でも自由に授乳をした。例えば赤ん坊はねんねこなどにより外に連れて行くことが普通だった。例えば田舎の温泉では混浴が普通だった。例えば人々は希望に満ちた表情をしていた。例えば親に聞いた話狐や狸に化かされる話。
 そのようなことは今はもうない。現在で見ると「逝きし世の面影」はもう見ることは出来ない。

その文明は本当に生き残ることは出来なかったのであろうか。日本語は西洋の概念を新しい漢語として受け入れ生き残っている。その文明は科学技術を入れ生き残らなかったのだろうか。私は筆者の意見とは異なり最近まで深いところで生き残っていたと考えている。

 明治に時代が変わろうとすぐに文明が滅びるわけではない。明治初年の地租改正で負担が増大し、人口増で農村は貧しくなっていった。昭和に入ってからの恐慌などによって格差は拡大し、農村は決定的に貧しくなった。その人口は都市に流れ、移民として海外に流れ、また大陸へ流れた。
 都市の労働者は職人制度が戦前まで多く残り過去の文明は残影が有った。
 戦後上流階層が没落し格差が減少し極端に貧しいが幸せな時期だった。
 その後は高度成長期の中、都市部の職人たちは会社員になり自由な生き方が制限され、戦時の軍国主義の否定の中、過去のすべてを葬り去る風潮になった。しかしすぐには変わらない。戦前に生きた人たちが死んでいくにつれた、文明も死んでいった。戦後60年。ぎりぎり体験者の声がどんどん小さくなった。そして今逝きし世は面影もなくなった。

 しかしそのすぐ下の年代は積極的でなくともその残影は聞いているはずだ。団塊の世代が大量退職し自由な身分になるのも近い。日本を再生させる最後のチャンスだろう。
 移民の社会にも不思議なことにその残影が保存されていることもある。

 「伝統」とは戦前の時代の文化だけではない。江戸時代の武士の文化だけではない。明治期の軍人の伝統だけではない。
 地域や階層によって記憶は各人違う。若いけれど多くの言葉を聞いている人もいるだろう。皆さんの心の中の「逝きし世の面影」を思い浮かべて欲しい。今の日本に何が欠けているかを。

 最後に印象的な著者の言葉を引用します。
日本的な自然美というものは、地形的な景観としても一つの文明の産物であるのみならず、自然が四季の景物として意識の中で馴致されたと言う意味でも、文明が構築したコスモスだったのである。そして徳川後期の日本人は、そのコスモスの中で生の充溢を味わい、宇宙的な時の循環を個人の生のうちに内部化した。そして自然に対して意識を開き、万物との照応を自覚することによって生まれた生の充溢は社会の次元においても、人々の間に強い親和と共感の感情を育てたのである。そしてその親和と共感は、単に人間どうしの間にとどまるものではなかった。それは生きとし生けるものに対して拡張されたのである。
逝きし世の面影 (日本近代素描 (1))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水俣病の50年〜経済成長の陰で〜
1956(昭和31)年春。熊本県南端の不知火海沿岸、入り江の小さな漁村に住む5才の女の子が、急速に進行する神経症状を発し、新日本窒素(現・チッソ)水俣工場付属病院を受診、2日後に入院しました。はしが上手く使えない、靴が履けないなどの症状が数週間前にはじまり、歩き方が不安定になり、ことばがもつれ、ものが飲み込めなくなり、不機嫌になって寝なくなり、入院時にはすでに受け答えもできない状態になっていました。 ...続きを見る
川辺より
2006/05/05 18:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
TB感謝です。10年も前のエントリーにコメントするとは感慨深いです。
私はいまもどこかで「逝きし世」のDNAが受け継がれているのではと感じています。
近代文明が頭打ちになり、個の思想が限界になりつつあるいま、周回まわって目指す境地の指標になるのではないかと思います。
毒多
2016/12/24 14:43
毒多 さん
もう誰も読まない10年前のエントリーですが、それなりの値打ちはあると思います。
周回回って日本は再先進国だと思います。
飯大蔵
2016/12/25 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「素朴で絵のように美しい国」 「逝きし世の面影」 その2 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる