飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラム風刺漫画報道について

<<   作成日時 : 2006/02/07 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 ヨーロッパでは風刺漫画で大変なことになっているようです。朝日新聞が社説に取り上げています。テーマは節度と寛容の心のようです。

【社説】2006年02月07日(火曜日)付
風刺漫画 節度と寛容の心を持て

 表現の自由が民主主義を支える基本的な権利であることは言を待たない。だが、それが宗教の尊厳とぶつかり合う時、どこまで踏み込むことが許されるのだろうか。
 イスラム教の預言者ムハンマドの風刺漫画をめぐる欧州諸国とイスラム社会の対立は、この悩ましい問題をあらためて私たちに突きつけている。
 発端は昨年の秋、デンマークの日刊紙が掲載した12枚の風刺漫画だった。
 導火線付きの爆弾のようなターバンを巻いた男のイラスト。短剣を手にした絵もある。いずれもムハンマドを描いた戯画である。
 イスラム教は偶像崇拝を禁止し、預言者を描くことも禁じている。イスラム教徒の目には、これらの漫画は宗教上のタブーに正面から挑戦し、自分たちの宗教を侮辱するものと映った。
 中東諸国がデンマーク政府に抗議し、欧州各紙がそれに反発して漫画を転載したことから騒ぎは一挙に燃え広がった。
 中東の各地で欧州諸国の大使館に群衆が抗議に押しかけた。放火された施設もある。抗議の波は、イスラム圏のインドネシアなどにも広がりつつある。
 暴力も心配だが、このままでは逆にイスラムの国や各地に散らばるイスラム系の人々が孤立していきかねない。「文明の衝突」にしないよう、早く冷静さを取り戻す必要がある。
 一連の抗議行動は、80年代末の「悪魔の詩」事件を思い起こさせる。インド系英国人の作家、サルマン・ラシュディ氏の作品が「イスラムを冒涜(ぼうとく)するものだ」と攻撃された事件である。
 当時のイランの指導者、ホメイニ師は作家に「死刑」を宣告した。日本では、この作品を翻訳した筑波大学の助教授が何者かに殺害された。ラシュディ氏はいまだに身を隠している。
 表現の自由を暴力で抑え込む動きを容認するわけにはいかない。穏当な抗議行動はともかく、放火や襲撃は論外だ。
 だが、一方で、イスラム社会の現状にも目を向けないではいられない。
 自由にものを言えるイスラムの国は、ひと握りしかない。経済的にも欧米に後れを取り、屈折した思いを抱く人々が多い。そこに、表現の自由を振りかざして「預言者の戯画」を突きつければ、どんなことが起きるか。
 積もり積もった不満のはけ口として、扇動者に利用されることは目に見えている。イスラム過激派に格好の攻撃材料を与えることにもなる。
 イスラム圏にも穏健な教えを説く指導者は少なくない。異なる宗教との共存を唱え、寛容な社会づくりを呼びかけている。そうした人々をこそ後押ししたいのに、今回のような騒ぎになれば、それもかなわない。
 表現の自由はかけがえのないものだ。だが、人が心のよりどころとする宗教などへの配慮は欠かせない。自由をしっかりと守るためにも節度を保ちたい。

 ヨーロッパでも各種意見があるようで、
フランス紙ルモンド紙は社説で、「イスラム教徒にはムハンマドを風刺した絵はショックかもしれないが、民主主義においては、人権を踏みにじるケースを除き、言論を取り締まることはできない」と表現の自由を主張した。sankeiweb


ムハンマド風刺画:英紙は不掲載 「責任が伴う」と社説で
 【ロンドン小松浩】欧州紙に載ったイスラム教預言者ムハンマド(マホメット)の風刺漫画がアラブ世界に波紋を広げている問題で、英国各紙は3日、言論の自由には責任が伴うなどとして、掲載しない方針を一斉に社説で宣言した。最初に漫画を載せたデンマーク紙やこれを転載した独仏などの新聞とは一線を画し、言論の自由をめぐるメディア間の議論に一石を投じた。

 高級紙のタイムズ、ガーディアン、インディペンデント、デーリーテレグラフ、フィナンシャル・タイムズ5紙は3日付の社説で、騒動の発端となった風刺漫画を掲載しない理由を説明した。インディペンデント紙は「言論の自由だけを主張してそこに逃げ込むのは軽率だ。論争的なジャーナリズムと無責任ジャーナリズムには境界がある」と表明した。ガーディアン紙は「児童ポルノをめぐる記事を掲載する際、ポルノ写真そのものの掲載が不可欠だという人はほとんどいない」と指摘し、風刺漫画自体を掲載しなくてもニュースは成り立つはずだと主張した。

 また、デーリーテレグラフ紙は「我々が抑制的な態度をとるのは、他者の感情を尊重するという英国的価値を守っているからだ」とした上で、欧州に住むイスラム教徒にも「言論の自由という西洋の価値観は尊重しなければならない」とクギを刺した。派手な暴露記事などを売りにする大衆紙も「この風刺漫画はイスラム教徒を中傷する意図を持ったものだ」(サン紙)などと高級紙と歩調を合わせた。

 英国社会は異文化、異教徒の価値観尊重をうたってきたが、昨年7月のテロを契機に改めて国内のイスラム社会との協調が問われており、そうした状況も各紙の対応につながったとみられる。ただ、各紙とも投書欄などで「我々は記事や漫画を検閲しろというイスラム世界の脅しに屈しようとしている」「言論の自由を守るため、この漫画を掲載せよ」といった異論も掲載している。

 英国イスラム評議会は各紙の対応を「非常に歓迎すべきことだ」と評価、問題の当事者すべてに脅迫や暴力的行動を控えるよう呼びかけた。

 一方、BBCなどいくつかのテレビ局は2日のニュース番組の中で、風刺漫画の映像を一時流した。これについてBBCは「なぜ強い反発を引き起こしたのかを視聴者に理解してもらうためだった」と説明した。

毎日新聞 2006年2月4日 10時00分 (最終更新時間 2月4日 10時18分)
イギリスとフランスの伝統的対決に発展しているみたい。

 英国紙が言うように「言論は自由だが責任が伴う」のが当たり前ではないのだろうか。

 朝日新聞の表現も問題が多いと思う。
表現の自由が民主主義を支える基本的な権利であることは言を待たない。だが、それが宗教の尊厳とぶつかり合う時、どこまで踏み込むことが許されるのだろうか。
問題にするのは宗教の尊厳だけなのか。
表現の自由を暴力で抑え込む動きを容認するわけにはいかない。穏当な抗議行動はともかく、放火や襲撃は論外だ。
これは正論だが、
だが、一方で、イスラム社会の現状にも目を向けないではいられない。
 自由にものを言えるイスラムの国は、ひと握りしかない。経済的にも欧米に後れを取り、屈折した思いを抱く人々が多い。そこに、表現の自由を振りかざして「預言者の戯画」を突きつければ、どんなことが起きるか。
 積もり積もった不満のはけ口として、扇動者に利用されることは目に見えている。イスラム過激派に格好の攻撃材料を与えることにもなる。
”経済的に欧米に後れを取れば屈折した思いを抱く”のか、”積もり積もった不満のはけ口として、扇動者に利用されることは目に見えている。”のか?朝日新聞のイスラム社会を見る目はどうなっているのか、大いに疑問である。
表現の自由はかけがえのないものだ。だが、人が心のよりどころとする宗教などへの配慮は欠かせない。自由をしっかりと守るためにも節度を保ちたい。
相手が暴力を行う集団だから配慮や節度を持つのか。

 国内の普通の報道対象に対しても、配慮や節度や責任を持ってもらいたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なにやら、イスラム教徒に妙な共感をするばかりでこの事件の本質を理解していない人間が多いので一言。
まず第一に、この事件において
・ムハンマドが描かれたこと、それはイスラム教の戒律違反であること
・ムハンマドが風刺されたこと、それをイスラム教徒が侮辱と感じたこと
・漫画の転載に対してすら批判が起こり、新聞各紙が自主規制を行ったこと
この3点の問題の明確な区別が誰もできていない。
・ムハンマドが描かれたこと、それはイスラム教の戒律違反であること
という点に関しては、戒律を守るべきはイスラム教徒内部に限定される。他の宗教信者がムハンマドをどれだけ描こうとも、それでイスラム教徒から文句を言われたりましてや死刑の対象にされるいわれはない。
とおりがかり
2006/04/23 01:52
・ムハンマドが風刺されたこと、それをイスラム教徒が侮辱と感じたこと
の点であるが、この点に関しては、イスラムが批判するのは当然である。ただ、それはあくまでも言論による批判に限る。今回の事件では、それが正当な批判ではなく暴力を伴う限りにおいて、イスラム側に全面的に非がある。たとえば、漫画家の首に莫大な懸賞金がかかり、テロや暗殺が推奨される状況はもはや正当な批判行為ではない。
とおりがかり
2006/04/23 01:53
しかし、日本に関係してもっとも深刻な問題は、
・漫画の転載に対してすら批判が起こり、新聞各紙が自主規制を行ったこと にある。いったい、問題の発端となっている風刺漫画も見もしないで、それがどの程度深刻なのか判断できるのであろうか?この点、風刺漫画を、『読者に情報を提示し判断させるために』転載しなかった日本やイスラムの新聞社は、致命的な失敗をしたのである。問題になっているからこそ、それがどのようなものであるのか、正しい形で開示されねばならない。ここには、報道機関の自主規制によって人々が冷静な判断を下せず、いたずらに風刺漫画へのイメージを膨らませていく構図がある。そしてこれが言論の自由を根本から破壊していることに報道機関も読者も気づいていない。この結果は、それを支持した多くの愚かな日本人に責任があるだろう。
とおりがかり
2006/04/23 01:53
コメント有難うございます。
 私はこの問題に共感とか反論をしているわけではなく、西洋的な見方への批判と、自らの報道姿勢を忘れた評論の批判をしたのみです。
 この問題は西洋とアラブ世界の文化、宗教、経済全体での見方が必要なのでしょう。言論の自由は絶対的な規範ではないことも留意が必要でしょう。新聞社がどこの国のものか明確にしているいればその表現に背景はあるものでしょう。逆に背景の分からない表現はわかりづらいものです。
飯大蔵
2006/04/23 12:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イスラム風刺漫画報道について 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる