飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 日朝政府間協議「過去の清算」について  その2

<<   作成日時 : 2006/02/06 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日朝政府間協議の内容が報道され始めました。拉致関係が進展していないので、国交回復も進展が難しいが、各社の報道を比べて見たい。
【北京・中田卓二】日本と北朝鮮の包括並行協議は3日目の6日午前、北京市内のホテルで国交正常化交渉を開始した。両政府の国交正常化交渉は02年10月にマレーシアで開かれて以来、約3年3カ月ぶり。北朝鮮が重視する「過去の清算」について、両国が相互に財産・請求権を放棄し、経済協力を実施することを明記した02年9月の日朝平壌宣言を再確認したうえで、経済協力の際の実施原則など具体的な議論に入る。毎日
正確な表現です。

原口幸市・日朝国交正常化交渉担当大使は、6日午前、協議を前に記者団に、「日朝平壌宣言に提起された(拉致、ミサイル問題などの)一括解決と、経済協力方式について、日朝双方の共通認識を確認したい。(北朝鮮は)過去の清算を期待しているが、国交正常化は拉致問題の解決がなければ難しい」と述べた。

 一方、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使は同日昼、協議の休憩中に記者団に、「経済協力、在日朝鮮人の法的地位の問題などを話した。日本は、経済協力を他国に行ってきた経緯や実績を長く話していた。また、植民地支配について、遺憾の意を示した。午後に具体的な協議に入る」と語った。読売
誰の言葉かを明記した、明確な記事です。

日本側は、北朝鮮が強く求める植民地支配など「過去の清算」について、一括解決するため経済協力方式で実施する方針を説明。産経
産経とは思えない表現ですが、国際記事は共同通信社によっているので、注意が必要です。”「過去の清算」について一括解決するため経済協力方式”という言葉使いは問題があると思う。

日本側は、小泉首相が02年9月の訪朝時に金正日(キム・ジョンイル)総書記と合意した日朝平壌宣言に基づき、植民地支配時代などに生じた損害への「過去の清算」について無償資金協力や低金利の長期借款供与、国際機関を通じた人道主義的支援などの経済協力を行う方針を説明した。朝日
日朝平壌宣言に基づきといいながら、”損害への「過去の清算」について”という言葉使いをするのはいいのでしょうか。日本側代表の言葉なのでしょうか。他の新聞と比較しても大いに疑問ありです。

 たまには各社の記事を読み比べるのも、面白いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日朝政府間協議「過去の清算」について  その2 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる